マエケン オランダ戦任せた「楽しんでやれる試合ではない」

[ 2013年3月9日 07:58 ]

マエケン体操で体をほぐす前田

WBC2次ラウンド1組 日本―オランダ

(3月10日 東京D)
 登板日は10日。相手はオランダに決まった。先発予定の右腕・前田(広島)は、試合前練習でダッシュを挟んで2度のキャッチボールなどで調整した。

 「楽しみではない。楽しんでやれる試合ではない」と気合の入った表情。初戦の勝敗によって、登板日が変動する難しい準備だったが「気にならない。3日も4日も変わるわけではない」と対応に自信を見せていた。

 オランダはキューバを相手に14安打で6得点を奪った。その試合を「見ていない」と言ったが、バレンティン、ジョーンズの主軸に加え、3ランを含む4打点を放った2番スコープも要注意だ。決勝トーナメント進出を懸けた大一番のマウンドに向かう。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース