井端 不屈の同点打!9回2死から“大バクチ”鳥谷の盗塁に続いた

[ 2013年3月9日 06:00 ]

<台湾・日本>9回2死二塁、井端は中前に同点適時打を放ちガッツポーズ

WBC2次ラウンド1組1回戦 日本4―3台湾

(3月8日 東京D)
 終盤に2度追いつく驚異的な粘りで4時間37分の死闘を制した。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組は8日、東京ドームで開幕し、3連覇に挑む侍ジャパンは延長10回の末、台湾に4―3で逆転勝ち。9回2死二塁から井端弘和内野手(37)の中前適時打で追いつき、10回に中田翔内野手(23)の左犠飛で勝ち越した。10日のオランダとの2回戦に勝てば、3大会連続での準決勝進出が決まる。

 試合終了は午後11時45分。山本監督は井端の肩をもみながら会見場に入った。「さまさまだよ」。みんなから自然と拍手が湧き起こっていた。

 「本当に凄いゲームで勝って良かった。終了時間を見たら12時前だった。またあしたあるのか…と思ったら、試合はあさってだった。負けていたら何を言われるか分からなかった。ベンチ全員が戦った」

 ギャンブル。賭けともいえる采配が、勝利への道しるべとなった。1点を追う9回2死。打席には井端。その初球。一塁走者の鳥谷が猛然とスタートを切った。際どいタイミングながら二塁はセーフ。鳥谷が「いつも準備をしておけと言われていたから、チャンスがあったら行ってやろうという気持ちだった」と胸を張れば、山本監督は「あれはサイン。あの追い込まれた状況ではヒットは続かない」。そこまで井端、内川は2安打ずつしていたが、憤死すればゲームセットという地獄と背中合わせの作戦が、結果的に井端の同点の中前打を呼んだ。

 井端は「正直あまり覚えていない。でも同点とか勝ち越している場面よりも開き直れた」と胸をなでおろした。初回の中前打では二盗に失敗したが、ヘッドスライディング。ベテランの闘志あふれるプレーがナインに火をつけた。3安打に1四球。王建民(ワン・チェンミン)対策で先発2番に入れた指揮官の期待に見事に応えた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年3月9日のニュース