菅野 人生初甲子園マウンド 10日阪神戦先発へ

[ 2013年3月9日 06:00 ]

 巨人ドラフト1位・菅野が10日の阪神戦に先発、人生初の甲子園のマウンドを踏む。

 3日のソフトバンク戦(東京ドーム)では直球に威力を欠き4回4失点。「基本の真っすぐをしっかり投げないと先が見えてこない」と反省し、6日の56球、7日の51球の投球練習は直球とカーブのみで修正した。直球の自己最速は10年8月1日、世界大学野球選手権でのキューバ戦(神宮)でデスパイネに対し計測した157キロ。6日の侍ジャパン―キューバ戦をテレビ観戦し、当時対戦したアブレウらの姿に「打たれもしたけど、抑えもしましたからね」と発奮材料にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース