雨に泣いた…ベネズエラ 序盤、大量失点響いた

[ 2013年3月9日 06:00 ]

<ドミニカ共和国・ベネズエラ>初回途中3失点で降板したベネズエラ・サンチェス

WBC1次ラウンドC組 ベネズエラ3―9ドミニカ共和国

(3月7日 プエルトリコ)
 ベネズエラは昨季、タイガースの一員としてワールドシリーズでも先発したサンチェスが初回に3点を失うと、なお1死満塁の場面で雨により50分間の中断。

 再開後はヒメネスが登板したが、2回に2失点し、序盤に大量リードを許した。サンチェスをわずか20球で交代させたことについて、ルイス・ソホ監督は「彼は続投したかったが、私は選手生命に影響を及ぼすようなことはできない」と説明。打線も昨季3冠王のM・カブレラが4打数無安打と沈黙した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース