西武・金子 6試合連続安打 スピード走塁も見せた

[ 2013年3月9日 19:26 ]

オープン戦 西武7―1中日

(3月9日 岐阜)
 西武の新人、金子(立命大)が初回、オープン戦6試合連続安打となる左前打を放った。大学時代の定位置だった1番で2得点も記録した。「1打席目が大事。一回にホームを踏めて良かった」と笑った。

 初回は二塁からは平凡な外野飛球で三進。暴投で迷わず生還し、武器のスピードを遺憾なく発揮した。「思い切ってやろうと心掛けている」と若さを前面に躍動した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース