プエルトリコ快勝 元DeNA右腕1安打投球 スペイン併殺で好機つぶす

[ 2013年3月9日 10:45 ]

WBC1次ラウンドC組 プエルトリコ3―0スペイン

(3月8日)
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)1次ラウンドC組は8日、プエルトリコがスペインと対戦。初回に奪った3点を守りきり、プエルトリコが3―0で初戦を飾った。

 プエルトリコは初回、4番ベルトランの適時二塁打などで3点を先制。先発の元DeNA・ジオが4回を1安打と好投し、流れをつくった。

 スペインは2番手のバーゴスを攻め、6、7回に得点圏に走者を進めたが、いずれも併殺打でつぶし勝機を逃した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース