山本監督 総力戦のウイニングボールに「劇闘」と記す「これが国際大会」

[ 2013年3月9日 07:10 ]

<台湾・日本>9回2死二塁、井端は中前に同点適時打を放ちガッツポーズ

WBC2次ラウンド1組1回戦 日本4―3台湾

(3月8日 東京D)
 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2次ラウンド1組は8日、東京ドームで開幕し、3連覇に挑む侍ジャパンは延長10回の末、台湾に4―3で逆転勝ち。9回2死二塁から井端弘和内野手(37)の中前適時打で追いつき、10回に中田翔内野手(23)の左犠飛で勝ち越した。

 王建民が投げた6回のうち4イニングで得点圏に走者を送りながら一本が出なかった。それでも初回から、井端に続いて内川にも盗塁を指示。8回に阿部、10回には相川と捕手に代走を出した。3人目の捕手である炭谷まで投入。ベンチ入り野手のうち、松井を除く14人をグラウンドに送り出した総力戦。首脳陣、選手が一体となってもぎとった逆転勝ちだった。

 WBC史上に残る激闘に4万3527人の観衆からは何度もウエーブが起きた。山本監督はウイニングボールに「劇闘」の文字を記した。

 「これが国際大会。最後は先の事なんて考えられなかった。終わってバンザイで良かった」。

 「共にアメリカへ!」を合言葉に戦う侍ジャパン。あと一つ勝てば、サンフランシスコに行くことができる。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース