巨人 2年目今村好投 原監督「印象は非常にいい」

[ 2013年3月9日 17:28 ]

オープン戦 巨人0―1オリックス

(3月9日 京セラD)
 大阪・太成学院大高から巨人に入団して2年目の今村が好救援を見せた。

 8回1死満塁で登板し、坂口を三振、T―岡田を左飛と無失点で切り抜けた。左腕は「緊張しました。スライダーが良かったし、腕が振れた」と笑顔だった。

 昨季は2軍戦で無安打無得点試合をマークするなど活躍したが、1軍登板はなかった。「チャンスをものにできるように日々やっていきたい」と意欲的だ。

 「いくらオープン戦といえど、0点はいけない。どんな形でも点を取る意識を持たせないと」と打線に苦言を呈した原監督だが、今村については「(投球の)幅が広いし、楽しみ。印象は非常にいい」と褒めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年3月9日のニュース