金本 安打数単独7位に 立浪を抜く2482本に

[ 2012年5月26日 13:29 ]

セパ交流戦 阪神―ソフトバンク

(5月26日 ヤフーD)
 阪神の金本知憲外野手が26日、ヤフードームで行われたソフトバンク2回戦の2回に摂津から右翼線二塁打を放つなど2安打を放ち、通算2482安打で立浪和義(中日)を抜いて歴代単独7位に浮上した。

 前日のソフトバンク1回戦で立浪の記録に並んでいた金本はこの日、摂津から二回に右翼線二塁打、四回に右中間二塁打を放った。

 金本の初安打は広島時代の1993年8月8日のヤクルト戦。歴代5位は衣笠祥雄(元広島)と福本豊(元阪急)の2543安打。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース