金本 立浪に並ぶ2480安打も…自打球当て交代

[ 2012年5月26日 06:00 ]

<ソ・神>8回、自打球で倒れ込む金本

交流戦 阪神5-0ソフトバンク

(5月25日 ヤフーD)
 阪神の金本が8回1死二塁の第4打席で、自打球を右膝に当て、そのまま代打を送られて途中交代した。

 最初は歩行も困難なほどの激痛。試合中に福岡市内の病院に向かった。常川達三チーフトレーナーは「念のために病院に行きます。右膝の内側。現状は?歩いているので」と説明した。4回には右中間二塁打を放ち、歴代7位の立浪和義(中日)に並ぶ通算2480安打目を記録。打撃も上昇中だっただけに、今後の状態が心配される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース