ソフトバンク サヨナラの好機逃す

[ 2012年5月26日 16:53 ]

交流戦 ソフトバンク1―1阪神

(5月26日 ヤフーD)
 ソフトバンク、阪神共に決め手に欠き、引き分けとなった。

 4回に阪神のマートンが、ソフトバンク先発の摂津の直球を右前に運び先制点。

 阪神先発の安藤の多彩な変化球に抑えられていたソフトバンク打線は、5回に右前打で出塁した江川が、安藤の暴投の間に二塁へ進塁すると、細川が二塁の平野のグラブをはじく中前適時打となり同点。

 9回にソフトバンク一、三塁の好機を迎えるも山崎が藤川に前に見逃三振。サヨナラ勝ちとはならなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース