松井 3Aで初の3安打 サヨナラ呼び込む右前打

[ 2012年5月26日 11:35 ]

ノーフォーク戦の5回、右前打を放つ松井

 レイズ傘下のマイナー、3Aダーラムの松井は25日、ノースカロライナ州ダーラムでのノーフォーク戦に「4番・左翼」で出場し、4打数3安打1四球だった。

 マルチ安打は8試合ぶりで、3安打は3A10試合目で初。チームは延長10回に松井の右前打から好機をつかみ、4―3でサヨナラ勝ちした。

 第3打席まではメジャーで9打数無安打と相性の悪かった右腕バーガセンと対戦。初回は二ゴロに倒れたが、3回に左翼線二塁打を放つと、5回は二塁手のグラブをはじく鋭い右前打。10回は右前打を放った後に代走を送られた。

 松井は15日から9試合連続でフル出場して打率1割台前半と低迷していた。しかし体調は維持しており、初めて2試合連続で左翼の守備に就いた試合は打撃でも好結果を出した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース