ヤクルト6連敗…打線テコ入れも実らず今季8度目零敗

[ 2012年5月26日 06:00 ]

<西・ヤ>ベンチで渋い表情の小川監督(中)

交流戦 ヤクルト0-10西武

(5月25日 西武D)
 ヤクルトは今季8度目の零敗で、10年5月26日の楽天戦(神宮)以来の6連敗となった。

 今季初めて1番で出場した2年目の山田は4打数無安打。遊撃の守備でも4回に大崎のゴロを一塁へ悪送球した。「捕り方がダメなので送球に影響が出る」とうなだれた。この日は畠山を5番から7番に下げるなど、4番バレンティン以外の打順を入れ替えたが、機能せず。小川監督は「コロコロ打線を変えるのもどうかと思うけど」と不振の打線に首をかしげた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース