内海 弟分の昇格に発奮「あいつはやってくれると思いますよ」

[ 2012年5月26日 07:46 ]

交流戦 巨人4-2ロッテ

(5月25日 QVC)
 巨人・内海は弟分のためにも負けられなかった。

 試合前、大卒2年目の小山が1軍に今季初合流した。27日の日本ハム戦(東京ドーム)の先発に抜てき。小山は今年1月、内海が率いるグアムでの合同自主トレに初参加した。沢村、山口ら投手6人の大所帯となったが「全員が1軍で活躍してほしい」と内海は言い続け、しゃく熱の南国で切磋琢磨(せっさたくま)し合った。

 ただ一人、今季1軍経験のなかった弟分がようやく昇格。「一緒にやらせてもらったのに僕だけずっと2軍だった。恩返しするつもりで頑張る」とは小山。登板前に再会を喜んだ内海も情けない姿だけは見せられなかった。「あいつはやってくれると思いますよ」と頼れる兄貴は、力強くバトンを手渡した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース