椎間板ヘルニア 40歳で4人に1人くらいは同様症状

[ 2012年5月26日 06:00 ]

小久保 椎間板ヘルニアで登録抹消

 ◆椎間板ヘルニアとは 椎間板とは背骨を構成する骨と骨の間に存在する円形の線維軟骨で、その周辺を囲む線維輪に亀裂が発生。中心にある髄核が突出してしまう症状を呼ぶ。膨れた椎間板が神経根を圧迫し、下肢に激しいしびれや痛みなどを引き起こす。

 ▼松宮整形外科(横浜市)松宮是哲(これあき)院長 今は相当、足にしびれがきているのだろう。極めてまれに手術を必要とする人もいるが、大抵は安静と神経にブロック注射を打てば改善する。選手生命が終わるような深刻なものではない。一般的には2~3週間で良くなり、3~4週間で試合復帰できることが多い。40歳になれば、4人に1人ぐらいは同じような症状を抱えている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース