2試合連続猛打賞だ!マートン 166打席目で1号

[ 2012年5月26日 06:00 ]

<ソ・神>7回、マートンは本塁打を放ち、ナインと歓喜のタッチ

交流戦 阪神5-0ソフトバンク

(5月25日 ヤフーD)
 阪神のマートンが、復調を告げる2試合連続の猛打賞でチームを連勝に導いた。

 4回に先制の中前打を放つと、7回には速球を捉えて今季166打席目での1号ソロ。日本語で「ヒサシブリネ、アリガトウ!」と、舌も滑らかだった。一時は打率が1割台まで落ち込んだが、この日の3安打はいずれも中堅方向。「シンプルに、打てる球を芯で捉えることだけを考えた」と手応えを口にし、和田監督も「これが本来のマートン」と手放しで称えた。

 ▼阪神・スタンリッジ(古巣ソフトバンク相手に7回無失点で4勝目)変化球がうまくいった鍵だった。満足しているし、リードも良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース