松井3の0 メジャー昇格「まだまだだと思う」

[ 2012年5月26日 06:00 ]

<ダーラム・ノーフォーク>7回、三ゴロに倒れる松井

 3Aインターナショナル・リーグ ダーラム0―4ノーフォーク

(5月24日 ダーラム)
 レイズ傘下ダーラムの松井が悪循環に陥っている。ノーフォーク戦は3打数無安打。これで打率は・121まで落ち込んだ。

 チームも9回1死まで無安打と沈黙し、1安打の零敗。松井は「ちょっと打てる球が来たらパッと打ちにいっている」と初対戦の投手が多いこともあり、本来の好球をじっくり待つスタイルが保てていないと自己分析した。

 26日(日本時間27日)の敵地ノーフォーク戦からは3カード10連戦の長期遠征が待つ。チャーリー・モントーヨ監督は「あと25~30打席が必要」と実戦感覚を取り戻す場がもう少し必要との認識を示し、松井も「まだまだだと思う」と認めた。早期のメジャー昇格をアピールするためには、遠征中に打ちまくるしかないが、3分弱の会見中、打撃に関する質問に「うーん」と6度もうなるなど、悩んでいる様子だった。 (大林 幹雄)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース