マートン3試合連続3安打も…引き分け3連勝と5割復帰逃す

[ 2012年5月26日 18:15 ]

交流戦 阪神1-1ソフトバンク

(5月26日 ヤフーD)
 金本は前日の自打球の影響を感じさせないスイングで2打席連続の二塁打を放ち、マートンも3試合連続3安打と本領を発揮した。阪神の和田監督は「核がやっとできてきた。これが待っていた形」と力を込めた。

 だが9安打しながらも得点は「1」にとどまり、3連勝と勝率5割復帰を逃した。指揮官は反省点に「五回まで(走者を)前に進められなかったこと」を挙げた。片岡打撃コーチは「できることをしっかりやらないと、自分たちから流れを逃してしまう」と厳しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース