塩見、本拠地で今季初黒星「成長していない」と反省

[ 2012年5月26日 18:47 ]

セパ交流戦 楽天1-8DeNA

(5月26日 Kスタ宮城)
 楽天の塩見は両リーグトップタイの6勝目を逃した。プロ1年目の昨季から相性の良かった本拠地で今季初黒星。三回2死から2ランを許したラミレスには昨年も本塁打を打たれており「成長していない。もっと研究していかないと」と反省した。

 ラミレスに一発を浴びたスライダーや、フォークボールの精度はいまひとつだったが、四回からは立て直した。それだけに「悔いは残っている。粘っていこうと思っていたのだけど」と口を真一文字に結んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2012年5月26日のニュース