小林宏 負けても完投に手応え

[ 2008年7月23日 06:00 ]

 【ロッテ2―3日本ハム】ロッテの小林宏が今季初完投も9敗目を喫した。それでも昨季CS、今季開幕戦と右ふくらはぎのけいれんで緊急降板した札幌ドームで復調を示したのは明るい材料。通算1000投球回も達成した右腕は「勝ち負けは運、巡り合わせもある。試合はつくれているので次につなげたい」。バレンタイン監督も「十分勝てるチャンスをつくった投球内容。前進具合には満足できる」と話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース