広島 打てず守れず1年ぶり7連敗

[ 2008年7月23日 06:00 ]

 【広島1―7中日】広島は打てず守れずで連敗は昨年7月以来となる7に伸びた。5月28日の西武戦以来の先発となった大島が3回2死二塁から味方の2失策で追いつかれると、2四球に長短打を許して5失点KO。「失策の1点はともかくその後は防げた。先発の仕事ができなくて悔しい」。初回1死満塁で先制した打線も3回1死三塁を逃すなど以降はゼロ行進。借金8と出口の見えないトンネルに「状態が落ちている」とブラウン監督も頭を抱えた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース