大田 2打席連発で清原まであと1本

[ 2008年7月23日 06:00 ]

 【東海大相模6―3瀬谷】東海大相模・大田が観衆の度肝を抜いた。5回1死、今大会2本目となる左越えソロは推定飛距離140メートルの特大弾。「今まで打った中でも、かなりいい感触」と振り返った。さらに7回1死一塁では「前の打席で直球を打ったのでカーブしかない」と読み通りに初球を左翼席中段へ2打席連発続。高校通算63号とし、PL学園時代の清原(オリックス)にあと1本と迫った。2打席目にも二塁打を放ち今大会3試合で12打数9安打7打点の大当たり。この日も今秋ドラフトの目玉を目当てに日本ハム、ヤクルトなどのスカウトが集結。横浜・河原スカウトは「あれだけ遠くに飛ばせる選手は、なかなかいない」と地元の逸材を絶賛した。

 5回終了後には「技術はあるから気持ちでぶつかろう!」と仲間にゲキ。31年ぶりの夏の甲子園へ頼れる主将がプレーと言葉でチームを引っ張る。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース