大矢監督に厳重注意処分 横浜は抗議文提出

[ 2008年7月23日 17:01 ]

 セ・リーグは23日、抗議による遅延行為で退場処分を受けた横浜の大矢監督に対し、厳重注意処分を科した。

 一方、横浜はセ・リーグに対し、打球を球審が判定しなかった点などを不服として抗議文を提出した。
 大矢監督は22日のヤクルト13回戦(神宮)で、一ゴロに倒れた佐伯の打球をファウルと主張し、5分間以上抗議を続けた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース