初登板の新人・岩崎は3回3失点

[ 2008年7月23日 22:09 ]

 【ソ4-5オ】プロ初登板のソフトバンクの新人岩崎は、3回を7安打3失点で降板した。3回に4連打を含む5安打を浴び「1軍のマウンドの雰囲気は(2軍とは)全く違った。3回は腕が縮こまり、打たれるべくして打たれた」と、ほろ苦かったデビューを振り返った。

 18歳。まだ線は細い。それでも、186センチの長身から投げる150キロ近い直球と、90キロ台のスローカーブのコンビネーションは将来性十分。王監督も「物おじしないでよく投げた」とねぎらった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース