2試合連続大敗…ノムさん投手陣の非力嘆く

[ 2008年7月23日 22:54 ]

 【楽5-14西】楽天は2試合連続で14失点の大敗。野村監督は「西武を抑えるにはハイレベルな制球と配球がいる。今の楽天の力がよう分かるわ」とお手上げだった。

 楽天投手陣は内角を攻めようとして3死球を与えた。7回、小倉がG・G・佐藤にぶつけた場面では、両チームに険悪な空気も流れた。「死球は悪いが、未熟なだけで故意じゃない。同情しろとは言わないが、当てる身にもなってくれ」とぼやくしかなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース