“清原2世”に立ちはだかるのは原辰徳

[ 2008年7月23日 08:38 ]

清原以来PL1年4番の勧野が1号

“清原以来”の1年生、投げても凄いんです

 【布施5-4八尾翠翔】PL学園に挑むのは原辰徳!父が大のG党で、巨人監督と同姓同名となった背番号「1」は「勧野くんは話題になっているので」と、PLではオリックス・清原和博内野手以来の1年4番との対戦に意欲を見せた。
 この日は6回から登板。一時は同点とされたが、延長12回まで粘りの投球でサヨナラ勝利を呼び込んだ。PL戦へ「あのメンバーなら負けても仕方ない。全力でぶつかるだけです」と気合いを入れていた。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2008年7月23日のニュース