再試合は“母校”の勝ち 4強進出ならず

[ 2008年7月23日 16:39 ]

熱闘再試合!聖和学園監督、思わず敵の応援歌口ずさむ

元女子高、海外青年協力隊監督で初の8強

 高校野球の宮城大会は23日、延長15回引き分け再試合となった準々決勝の仙台二-聖和学園が対戦し、3-0で仙台二が勝ち、4強に進出。センバツに出場した東北との対戦が決まった。
 聖和学園の佐藤監督は仙台二のOB。95年春は県大会優勝、東北大会準優勝をした時の主将だったが、母校相手に「やりにくい」と話していたこともあったのか、再試合では完封負けを喫した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース