ヤンキース5連勝 首位レイズに3・5差

[ 2008年7月23日 12:28 ]

ツインズに圧勝し5連勝、ハイタッチで喜ぶヤンキースナイン

 【ヤンキース8―2ツインズ】エンジンがかかるのがいつもより少し遅かった。だが、遅すぎることはない。ヤンキースが球宴後5連勝で首位レイズとのゲーム差を3・5とした。

 「5日前よりだいぶいいところにいるよな」と笑わせたジラルディ監督は「いい方向に進んでいる。プレーオフに行くにはとにかく勝ち続けなければ」と続けた。貯金10は今季初めてのことだ。
 後半戦好スタートの原動力は先発、救援とも安定した投手陣。この日も5投手が2失点で投げ切った。負けが込んだ時期にも役割分担を崩さず、投球数、投球回数に常に気を配ってきた。「うちには登板過多の投手は1人もいない」と今後の戦いに自信を見せる。
 松井秀、ポサダら野手は故障が続くが、新監督が進めてきた投手陣の再構築は確実に進んでいる。(共同)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース