米国戦先発予定・岩田は帯同せず

[ 2008年7月23日 06:00 ]

 第4回世界大学野球選手権(チェコ・ブルノなど)は22日、予選リーグ3試合が行われ、ここまで3戦全勝の日本はリトアニアと対戦した。試合会場は宿舎のあるブルノからバスで約2時間半の距離にあるホツェニュ。河原井監督は大一番となる23日の米国戦先発が濃厚な岩田(明大)ら3投手は遠征に帯同せず、ブルノ市内で調整させた。一方、斎藤(早大)は米国戦で中継ぎとして待機する見込みで遠征にも帯同。「疲れはありません。調子はいいですよ」と話した。

 また、今大会の米国戦以降4試合を「J SPORTS」が8月1、2の2日間で録画放送することが決まった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース