波乱の東東京、ノーシード3校が4強進出

[ 2008年7月23日 16:16 ]

 高校野球の東東京大会は23日、準々決勝4試合が行われ、第2シードの国士舘以外は、すべてノーシードの3校が4強に進出した。

 第1シード帝京を倒して以来、波に乗って勝ち進んできた関東一は日体荏原に3-1、夏の甲子園悲願の初出場を目指す二松学舎大付は接戦の末、5-4で第3シード、世田谷学園に勝ち、4年ぶりの4強を決めた。
 東海大高輪台は延長戦で岩倉に4-3でサヨナラ勝ちを収めた。
 

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2008年7月23日のニュース