英国 1エンド五輪最多7点!ミュアヘッドが決める

[ 2014年2月12日 07:46 ]

ソチ五輪カーリング女子 英国12―3米国

(2月11日)
 女子1次リーグ、英国―米国の第4エンドで英国が大量7点を挙げ、五輪での1エンド最多得点記録を更新した。

 ハウス(円)の中にストーンがたまる展開になり、最後はスキップのミュアヘッドが相手のストーンをはじき出して7得点が確定した。試合も12―3と圧勝し、今大会初勝利。昨年の世界選手権を制したミュアヘッドは「みんなが素晴らしいプレーをしたから7点を取れた。試合のターニングポイントになった」と喜んだ。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース