沙羅 五輪の怖さ知った…「やはりどこか違うところある」

[ 2014年2月12日 04:29 ]

4位に終わった高梨
Photo By スポニチ

ソチ五輪ジャンプ女子

(2月11日)
 1回目100メートル、2回目98・5メートルと伸びを欠き4位にとどまった高梨沙羅(17=クラレ)は、「支えてくださった方々に感謝を伝えるためにここに来たので、そこでいい結果を出せなかったことは残念です」と肩を落とした。

 今季W杯13戦10勝と向かうところ敵無しで大一番に臨んだが、「自分ではやることは一緒なので、どの試合も変わらずに挑んでいたつもりだったんですけど…。やはりどこか違うところがあるなと感じました」と五輪の怖さを振り返った。

 1本目、2本目ともに納得いくジャンプではなかった。「またこのオリンピックに戻って来られるように、もっとレベルアップしていきたいと思います」と涙をこらえながら気丈に語った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース