渡部暁斗 ノルディック複合で銀メダル!複合では20年ぶり

[ 2014年2月12日 21:54 ]

ノルディック複合の個人ノーマルヒルで銀メダルに輝いた渡部暁斗(左)

 ソチ五輪ノルディックスキー複合個人は12日に行われ、前半のジャンプ(ノーマルヒル)で6秒差の2位につけたエース・渡部暁斗(25=北野建設)が後半の距離(10キロ)で激しいせめぎ合いの末、銀メダルを獲得した。

 日本がノルディックスキー複合でメダルを獲得したのは1994年リレハンメル大会の団体・金(阿部雅司、荻原健司、河野孝典)、個人・河野孝典の銀以来、5大会ぶり20年ぶりの快挙。複合ニッポンの復活となった。

 W杯を総合3連覇した荻原健司・北野建設監督が果たせなかった個人種目メダリストの仲間入りを果たした。

 渡部暁はジャンプで1位のエリック・フレンツェル(ドイツ)に6秒遅れてスタート。1・5キロ地点では首位に立った。その後、双方がけん制しあいながらレースが進み、3位以下も猛追。渡部暁は終始トップで引っ張ったが、残り1キロを切りフレンツェルが逆転、そのまま逃げ切った。

 渡部暁は今季W杯で5度の表彰台。前日11日の公式練習でも96・5メートル、101・5メートル、99メートルを飛び「いい感じ。いつも通りに勝ちにいく」と好調を維持。この日も100・5メートルを飛び、130・5点。トップと6秒差の2位につけていた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース