平均23・5歳…神経戦で崩れたロシア「不必要な失敗重ねた」

[ 2014年2月12日 23:52 ]

ソチ五輪カーリング女子1次リーグ ロシア4―8日本

(2月12日)
 4人の平均年齢が23・5歳と若いロシアは、中盤の神経戦で崩れた。スキップのシドロワやサードのフォミナにミスが出て追い付けず、2勝2敗に。試合後、シドロワはぶぜんとした表情で取材エリアを素通りした。

 シドロワは、序盤こそハウス(円)中央に止まる絶妙なショットを決めていた。しかし、第6エンド以降は大事な局面で狙った位置を外す場面が目立った。フォミナは「追い付くチャンスはあったが、自分たちがそれを生かせなかった。不必要な失敗を重ねてしまい不満が残る」と残念がった。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース