長島6位止まり「金メダル絶対だった。旅費全部払いたい」

[ 2014年2月12日 05:30 ]

メダルを逃した長島は応援団に向かって手を合わせ謝る喜ぶオランダ勢を背に肩を落とす

ソチ五輪スピードスケート男子500メートル

(2月10日)
 レース後、自らのふがいなさにむせび泣いた長島は、報道陣が待つ取材エリアをキャップを深くかぶり、右手で顔を覆って無言で通過した。

 会場の外で「6位じゃ話にならない。ここまでやられたら(悔しさも)何も思わない」と話すと、その後スタッフに連れ戻され口を開いた。「予想を超えての完敗。1本目の順位は3番だが、組み合わせを見て、かなり厳しいというのは分かっていた。何とかという気持ちはあった」と振り返った。

 1本目は得意のアウトスタートで、低速リンク自己ベストの34秒79で3位につけた。2本目は課題のインスタート。第1カーブで2度ほどバランスを崩し、第2カーブ入り口付近から失速。最後は足が止まり、35秒25で16位、総合6位に終わった。「4年間試してきて、1回もしっくりこなかった。実力のなさ。それだけ」。ゴール後は応援席に向かって、ゴメンと両手を合わせた。「そういう気持ち。金メダルは絶対だったんで、申し訳ない。旅費全部払いたい」と思いを口にした。

 「3度挑戦して届かなかったら、センスがない」。ソチを集大成と位置づけていたが、今後に関しては「自分一人では決められないので、帰って周りの人たちと相談しながら決めたい」と明言を避けた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース