ホワイト 予選1回目に最高点 2回目は「決勝の練習」

[ 2014年2月12日 00:12 ]

ソチ五輪 スノーボード

 男子ハーフパイプで3連覇を狙うホワイトは、十八番の大技「ダブルコーク」などを誰よりもダイナミックに決めた予選1回目に95・75点の最高スコアを叩き出し、悠々と決勝に進んだ。70・75点の2回目は「決勝の練習ができた」と納得顔だった。

 「既にうわさになっているようだけど、決勝では初披露の新しい技に挑むつもりだ」と宣言した。前日の公式練習では荒れたパイプに合わせられなかったが、この日は好感触を得た様子だった。

 無敵王者の重圧をうかがわせる一幕も。高難度の技を持つスイス選手を取材エリアで呼び止め「あまり緊張させないでくれよ」と冗談交じりにけん制した。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース