羽生“1番くじ”引いた「さすがボクって思った」

[ 2014年2月12日 05:30 ]

羽生

ソチ五輪フィギュア男子SP

 自画自賛の“1番滑走”だ。13日のフィギュアスケート男子ショートプログラム(SP)の滑走順抽選が11日、行われ、羽生結弦(ゆづる、19=ANA)は第4組1番目の全体19番目で滑走する。

 世界ランク1位の羽生は19~30番に入ることは決まっていたが、「(くじを引いた瞬間は)さすがボクって思った。(19~30の)12個の中で一番最初を引くか!って」。サブリンクでの公式練習では4回転サルコーを完璧に成功。すぐに映像でチェックし、好イメージを焼き付けた。来るべき決戦へ、「メダルを期待されているので、期待に応えられるように頑張りたい」と気合を入れていた。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース