15歳スーパー中学生・平野が銀!打倒ホワイトの夢現実に

[ 2014年2月12日 05:32 ]

銀メダルを獲得した平野

ソチ五輪スノーボード男子HP

(2月11日)
 スーパー中学生が歴史を変えた。男子決勝が11日に行われ、平野歩夢(15=バートン)が93・50点をマークし、銀メダルを獲得した。15歳2カ月でのメダル獲得は冬季五輪の個人種目で日本人として史上最年少の記録。予選2組で2位だった平岡卓(18=フッド)も92・25点で銅メダルを獲得し、2人同時にソチ五輪日本人第1号の表彰台に上った。

 15歳2カ月の若き天才がソチの夜空で最高の輝きを放った。決勝2回目。1メートル60と小柄ながらスピードある滑走で、滞空時間が長く高く完璧なエアを連発した。ミスなく迎えた最後のエアでは軸をずらしながら3回転する大技「ダブルコーク1080」を決め、93・50点で銀メダルを確定させた。五輪2連覇中のホワイト(米国)に重圧をかけてミスを誘い、平岡とともに日本選手団第1号となるメダルを獲得。冬季五輪の日本人最年少となる表彰台のオマケつきだった。

 昨季は14歳で最高峰の冬季Xゲームに初出場し、ホワイトに次ぐ準優勝で同大会最年少メダリストになった。昨年8月の今季W杯開幕戦で初優勝を飾った際も、最年少の記録がついた。海外メディアから注目され取材も殺到した。

 スノーボードを始めたのは4歳の頃。3歳年上の兄・英樹(えいじゅ)さん(18)の後を追いかけてボードに乗った。冬場はHPコースを求め、新潟から山形の横根スキー場に通った。午前中の授業が終わると早退し、両親が運転する車で30~40分の練習場へ向かい、夜遅く帰宅。「お兄ちゃんに負けたくない」という負けん気の強さは生来のものだ。

 父・英功さんはサーフィンが専門ながら、息子を全面支援。滑りの感覚を磨くのに適したスケートボードを常にできる環境を整えた。03年に国内最大級屋内施設「日本海スケートパーク」を造った。村上市の委託を受けて施設を整え、一年中、練習できる状況になった。息子は父の助力に応えて、小学4年で早くもプロとなった。

 過去の五輪は映像だけの世界だった。「ショーン(ホワイト)は断トツって感じ」。そのホワイトを初めて目の当たりにしたのは09年に福島で開催されたアジアオープンだった。「すげー」と圧倒されたが、5年が経過。「五輪の舞台で倒したい」と語っていた言葉は今、現実となった。

 手にしたのは銀色のメダル。銅メダルの平岡とがっちり握手をかわした。スーパー中学生によって、日本スノーボード界は新時代を迎えた。

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース