「氷速女帝」李相花が五輪新!連覇 韓国に大会初の金

[ 2014年2月12日 01:07 ]

女子500メートルで連覇を果たし、笑顔の李相花

ソチ五輪 スピードスケート

 圧倒的な強さを見せつけた。女子500メートルの李相花(韓国)は五輪連覇を果たし、韓国に今大会初めての金メダルをもたらした。ゴールすると両手を上げ、国旗を誇らしげに振りながら滑った。

 1回目で2位に0秒15差をつけて首位に立ち、2回目は五輪新の37秒28で突き放した。今季はW杯で出場した7レースで全勝と絶対的な強さを誇る。好タイムを出したライバルに脅かされたが、24歳の女王はさらに上手だった。

 ◆李相花(韓国=スピードスケート女子500メートル)この種目の世界記録保持者。前回バンクーバー五輪で金メダル。W杯は今季7勝、昨季は9勝。「氷速女帝」の異名を持つ。趣味はネイルとレゴブロック。165センチ、62キロ。24歳。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース