ピンクパンサー及ばず GPファイナル優勝ペアは2位発進

[ 2014年2月12日 06:32 ]

ソチ五輪フィギュアスケート ペアSP

(2月11日)
 昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルを制したペアのサブチェンコ、ゾルコビー組は、2位スタートとなった。

 五輪を前にSPの演目を変更した。女性のサブチェンコがピンク一色の派手な衣装をまとい、会場の観客をいざなう軽快な「ピンクパンサー」の音楽に乗った。自己ベストを上回る得点をマークしたが、世界チャンピオンのロシア・ペアには及ばなかった。

 演目変更について、サブチェンコは「リスクもあったけど、この曲の方が楽しいから」と説明。GPファイナルでは、SP2位から同じロシア・ペアを逆転した。再現はなるか。ゾルコビーは「滑りの感触はいい」と自信を見せた。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース