カーママ連勝!完全アウェー状態で開催国ロシアに8―4

[ 2014年2月12日 21:45 ]

<日本・ロシア>第5エンド、「ヤープ!」と叫ぶ小笠原

 ソチ五輪第6日の12日、カーリング女子で世界ランク9位の日本(北海道銀行)は、1次リーグ第3戦で同8位の地元・ロシアと対戦し8―4。連勝を飾った。

 日本は11日、セカンドの小野寺佳歩がインフルエンザで欠場するアクシデントに見舞われ韓国に敗れたが、格上(世界ランク6位)のデンマークを8―3で破り、1勝1敗に。スキップの小笠原歩は「私がみんなの背中を、いい意味で押してあげたい」と気持ちを新たにしていた。

 開催国相手の“完全アウェー状態”の中、リード・苫米地美智子、セカンド・吉田知那美、サード・船山弓枝、スキップ・小笠原歩で臨んだ日本。第1エンドは後攻で、ロシアが入れ、日本が出すという展開が続き0―0で。第2エンドも日本が有利な後攻になった。船山の第6投が絶妙。ナンバー1、ナンバー2が日本のストーンに。ロシアの最終ストーンが再びナンバー1になるが、小笠原が第8投目を手前のガードに当て、それがロシアのナンバー1をはじき出し、日本が2点を奪った。

 日本が先攻となった第3エンドは、ロシアの最終ストーンが日本のナンバー1をはじき、1点ゲット。大歓声が沸き起こる。第4エンド、小笠原の第7投はロシアのストーンをかすめ、真後ろに。ロシアはそのストーンの隣を抜けナンバー1に。小笠原の第8投は、ロシアのナンバー1をはじき切ることができず、日本がスチールを許し、2―2の同点に。

 第5エンドは後攻の日本がしっかり1点獲得し、3―2でハーフタイムに入った。

 第6エンド、日本が先攻。ロシアの最後の一投が短くなるミス。日本がスチールに成功し、リードを2点に広げた。第7エンドも連続スチール。日本は5―2とした。

 第8エンド、小笠原は第8投を相手ストーンに当てられず。ロシアは最終ストーンでナンバー1、2を確保。2点返し、1点差とした。ロシアコールが響き渡る。

 第9エンド。小笠原が第8投で相手ストーンをテークアウトし1点追加。

 最終第10エンド。小笠原が第8投でナンバー1、ナンバー2の位置をキープ。ロシアの最終ショットは日本のストーンに当たらず、2点を追加した日本の勝利となった。

 ▼小笠原歩の話 こんな大歓声の中でプレーできるのは五輪ぐらいなので楽しもうと話していた。今は自信を持って投げられている。白星が先行したのは信じられない。

 ▼船山弓枝の話 ショットも決まっていたので追い上げるのではなくて、いい形で組み立てられた。大歓声の中でも自分たちのプレーができた。精神的にも成長している。

 ▼吉田知那美 前日(11日)の韓国戦は失敗するのが怖くてその気持ちが出てしまったので、きょうは自分のやるべきことをやろうと思った。落ち着いてプレーでき、会場を見渡すぐらいの余裕もあった。

 ▼苫米地美智子の話 きのう(11日)よりもショットがつながっていた。試合も楽しかった。チャンスもつくれているので、落ち着いて最後まで試合ができた。
 

続きを表示

この記事のフォト

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース