平野 雪上の競技で五輪メダル史上最年少記録!

[ 2014年2月12日 08:07 ]

<スノーボードHP決勝>日本勢初メダルを獲得した平野(左)と平岡(右)
Photo By スポニチ

スノーボードの男子ハーフパイプ

 平野の15歳74日での五輪メダル獲得はスキー、スノーボードといった雪上の競技で史上最年少記録となった。大会の公式ニュースが伝えた。

 国際オリンピック委員会(IOC)の資料によると、冬季五輪では1994年リレハンメル大会のスピードスケート・ショートトラック女子3000メートルリレーで優勝した韓国のメンバー、金潤美の13歳85日が最年少。個人種目の最年少は、64年インスブルック大会のフィギュアスケート男子で3位だったスコット・アレン(米国)の14歳363日となっている。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース