予選落ちの青野は、後輩2人の快挙に大興奮「あーーー嬉しかった!」

[ 2014年2月12日 11:31 ]

男子ハーフパイプ、高々と舞い上がる青野

 ソチ五輪スノーボード男子ハーフパイプで予選落ちした青野令(23)が12日、自身のブログを更新し、同種目で日本に初めてのメダルをもたらした後輩2人の快挙を喜んだ。

 「ありがとう。」とエントリーした青野は、「応援してくれたみなさん。本当にありがとうございます」とまずは感謝の弁を述べると、「そして期待に応えられなくてすみません。。。本気で悔しいです。。こんなに悔しい事ってあるんですね。。あーーーーーー本当に悔しい。。。」と正直な心境をつづった。

 だが、自分のことはそこまでで、「ところでみんな見ました??」と話を転換。「日本のスノーボードの歴史を変えた二人。本当に凄い!!!!あゆむ、たく本当におめでとう!!!もーね!嬉しくてね!!!あーーー嬉しかった!!!」と平野の銀、平岡の銅メダル獲得を心から喜んだ。

 そして、「こんな俺ですがあゆむとたくに刺激をもらったので出来るとこまで挑戦したいです。そんな気持ちになりました!!!」と今後の現役続行も示唆している。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2014年2月12日のニュース