×

MBS大吉洋平アナウンサーの「温泉書き流し」

気軽に楽しめる都会の天然温泉~城東区・不動の湯~

[ 2020年9月23日 05:30 ]

城東区にある気軽に楽しめる天然温泉「不動の湯」
Photo By 提供写真

 鹿児島出身の父に連れられて帰省すれば必ず訪れていた銭湯があります。祖父から渡された石けんとタオルが入った洗面器を片手に通った古いお風呂屋さん。実はこちらのお湯が塩化物泉で、立派な天然温泉なのだと知ったのは温泉ソムリエになってからでした。

 調べてみると、鹿児島市内の銭湯はほとんどが温泉。県庁所在地での源泉数は日本一です。私の温泉好きはそのルーツから来ているのかも。今日のテーマは日常使いの湯。大阪市内で見つけた、ご近所さんを訪ねるように気軽に入れる天然温泉をご紹介。城東区天王田の不動の湯は28年前から地元の方々に愛されています。

 タイル張りの浴室に、各洗い場に設けられた固定の椅子と短いシャワーヘッド。古き良き公衆浴場の装いです。内湯には地下1000メートルから汲み上げられた弱アルカリ性の単純泉が。泉温36.5度は体温に近く長湯に適しています。有名温泉地を巡りその周辺にある秘湯を探す旅が好きな私ですが、手の届く範囲にこれほどまでに味わい深い名湯があったことに驚きました。

 大き過ぎない浴場独特の音の響き方や、銭湯なのだけど香りが漂う源泉の存在。シンクロした部分が多いのか、湯煙の向こう側で身体を洗う利用客の背中が一時だけ父や祖父に見えました。よか風呂ばい。

 ◇不動の湯 大阪市城東区天王田13の14。電話06(6969)5986。営業時間は午前10時から午後10時30分(最終受付は午後10時)。料金は大人450円、小学生150円など。

 ◇大吉 洋平(おおよし・ようへい)1985年(昭60)8月23日、兵庫県生まれの35歳。甲南大卒。08年にMBS入
社。19年4月から情報番組「ミント!」MC。「大吉が見んと!」コーナーではMC自らその機動力を生かし、世の中の疑問を取材。


続きを表示

バックナンバー

もっと見る