×

MBS大吉洋平アナウンサーの「温泉書き流し」

大分県「鶴の湯」 大自然を満喫できる「おんせん県」の秘湯

[ 2021年3月24日 05:30 ]

勇気を出して墓場を抜け獣道を進んだ先には、この美しい野天風呂が待ち受けています!
Photo By 提供写真

 先日迎えた春分の日には「自然をたたえ、生物をいつくしむ」という目的が定められています。本来なら行楽シーズンの到来に胸が躍りますが外出に関しては依然さまざまな価値観が交差しています。

 今回は過去に訪れた超マニアックな野湯をご紹介。気分だけでも「おんせん県」大分へ。地獄めぐりが有名な日本有数の地熱エリアと言えば別府市。街を歩けば側溝やマンホールから蒸気が吹き出ているのが確認でき地球の鼓動を感じます。

 そんな別府の代表的な秘湯が入浴無料の鶴の湯。別府駅から北西に車で約30分。大きな墓地をぬけた先には小さな獣道が。初めて訪れる時は勇気が必要です。しかし山の中へ入るとそこには山腹から流れる川の様に温泉が湧き、硫黄泉を意味する腐卵臭が漂っています。

 有志によって周辺が整備されていて実に清潔感がある野天風呂です。湯船はふもとに向かうにつれて細くなっていて、そこにはスノコが。川下にあたるその場所で掛け湯をするのがローカルルール。大自然の中で45度前後の天然泉を体にかけている利用者達の肩からは空に向かって湯気が。全員が山の仙人に見えました。

 こちらは混浴で、湯浴み着を使い利用する女性客も珍しくありません。自然の恵みに感謝し自らの身体を大事にする。いつかコロナ禍を乗り越えて、そんな春の到来を期待したいものです。

 ◆鶴の湯 大分県別府市鶴見霊園そば。野天風呂のため、24時間利用可。脱衣所あり。山中のため、明るいうちの利用がお勧め。

 ◇大吉 洋平(おおよし・ようへい)1985年(昭60)8月23日、兵庫県生まれの35歳。甲南大卒。09年にMBS入社。19年4月から情報番組「ミント!」MC。29日スタートの新番組「よんチャンTV」ニュースキャスター。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る