×

MBS大吉洋平アナウンサーの「温泉書き流し」

かつて聖徳太子が戦いに勝利した場所で、森林の恵みに体を委ねながらデトックス 奈良県三郷町「信貴の湯」

[ 2021年11月17日 05:30 ]

来年は寅年…癒やしプラスαの必勝エネルギーがもらえるかも
Photo By 提供写真

 その昔、聖徳太子が毘沙門天の助けを借り、戦いに勝利したという伝説がある信貴山。それが寅(とら)の年、寅の日、寅の刻であったことから、この山と寅は強い結びつきがあります。

 虎は水浴びが好きですが、私は無類の湯あみ好き。信貴山の中腹あたりに先月、新たに温浴施設がオープンしたと聞き、早速行ってきました。大和平野の豊かな緑と、色づいた草木に迎えられながら道中を進みます。ロードバイカーやハイカーたちの姿も。だんだんと空気が澄んでいくのが分かります。

 山中に突如現れるのが、まるで巨大なテントのような見た目をした三角の青い建物。天然温泉「信貴の湯」です。熱めとぬるめの2つの内湯がありました。38度のぬるめが私にはベストの温度。時間をかけて身体を温めたあと、露天風呂に出て、森林の空気で深呼吸。自然の恵みに体を委ねるデトックスです。

 泉質はph8・3の弱アルカリ性単純温泉で、美肌の湯に分類されます。施設内には食事処「信貴めし」やリラクゼーションサロン「信貴スパ」もあり、1日かけて自分を労わることができます。ちなみにすぐ裏では奈良生まれのイチゴ「古都華(ことか)」の栽培が行われていて、12月には温泉利用客への販売も始まるようです。ちょうど来年は寅年ですね。癒やしプラスαの必勝エネルギーがもらえるかも。
 
 ◆信貴の湯 奈良県生駒郡三郷町信貴南畑1の2178の1。(電)0745(72)0101。通常料金は大人750円、子供350円。営業時間は午前10時~午後9時(最終受付午後8時半)で不定休。

 ◇大吉 洋平(おおよし・ようへい)1985年(昭60)8月23日、兵庫県生まれの36歳。甲南大卒。2008年にMBS入社。19年4月から情報番組「ミント!」MC。現在「よんチャンTV」ニュース担当。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る