×

MBS大吉洋平アナウンサーの「温泉書き流し」

160畳の総ヒバ造り大浴場、白濁した薄い緑色湯…ふと時空を超えてきた感覚に 青森市・酸ケ湯温泉旅館

[ 2022年3月16日 05:30 ]

総ヒバ造りの大浴場は160畳の広さがある酸ヶ湯温泉
Photo By 提供写真

 伊丹空港から約1時間30分のフライト。そこから雪山をレンタカーで恐る恐る運転すること1時間弱。青森市荒川にある八甲田連峰の西麓、酸ケ湯(すかゆ)にたどり着きます。

 冬のレジャーのためではなく、私がこの豪雪地帯へ来た理由は一つ。江戸時代から、過酷な農作業で疲れた人々を癒してきた名湯を味わうためです。

 総ヒバ造りの大浴場は160畳の広さが。その大きな空間すらも埋める湯けむりと、白濁した薄い緑色の天然温泉。滋味あふれる内観から時空を超えてきたような感覚に。簡単に来られる場所ではないはずなのに、そこには目を閉じて秘湯に身を委ねる多くの人々の姿がありました。

 私にはその全員が温泉の覇者に見えました。自らも心して湯船へ。pH値1・5~1・7の強酸性の源泉かけ流しです。

 程なく体にピリピリと刺激を感じました。新参者は容易に寄せ付けないような個性的な泉質に高揚する気持ちを抑えられない自分。殺菌力が強く、肌のピーリング作用にも期待ができます。宿泊客は24時間入浴が可能で、私は滞在中に何度もこの湯を堪能しました。

 刺激にはすぐに慣れ、帰る頃には全身がつるっと一皮むけたような感覚が。日本中にあるクセの強い温泉をもっと知りたい。さらなる可能性に改めて気付かされる出合いでした。

 ◆酸ケ湯温泉旅館 青森市荒川南荒川山国有林酸湯沢50。(電)017(738)6400。立ち寄り入浴は大人1000円、小学生500円。ヒバ千人風呂が午前7時から午後6時までなど。

 ◇大吉 洋平(おおよし・ようへい)1985年(昭60)8月23日、兵庫県生まれの36歳。甲南大卒。2008年にMBS入社。19年4月から情報番組「ミント!」MC。現在「よんチャンTV」ニュース担当。温泉ソムリエでもある。

続きを表示

バックナンバー

もっと見る