サンド伊達みきお 誕生日迎えた相方・富澤たけしにゲキ「もっと笑えよ!若々しくせい!」

[ 2021年5月1日 17:13 ]

「サンドウィッチマン」の(左から)伊達みきお、富澤たけし
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお(46)が1日、自身の公式ブログで、4月30日に47歳の誕生日を迎えた相方・富澤たけしを祝福しつつ、ゲキを飛ばした。

 マスクを外し、疲れ切った表情をした富澤の写真を掲載。「47歳にもなると、こんな顔になるのか…」といじりつつ、「今日は2ヶ所の収録現場で、皆さんからお祝いをして頂きました。有り難いですなー」と現場での相方への気遣いに感謝した。

 そんな中で伊達が思い返したのが、富澤の27歳の誕生日。「20年前……27歳の誕生日なんて、当時一緒に住んでた俺にしかお祝いして貰えてないよな、多分。プレゼントも、タバコ1箱。。」。仙台から上京し、同居生活を続けながら夢を追った日々を振り返った。

 当時の誕生日は、喜びとは無縁だったという。「誕生日が来て、1歳年をとるのが不安で仕方なかった。仕事も全く無く、何の進化もない1年」。それだけに、多くの人々に祝福される誕生日には隔世の感を覚えるという。「まさか、20年後にこんなに沢山の方々から祝福されるなんてな…。誕生日がきて、番組スタッフさんや共演者の方から祝って頂いたり、ブログのコメントにお祝いメッセージが沢山あったり。。もう、いいオヤジなのにな」と、率直な思いをつづった。

 1つ歳を重ねた富澤に、伊達は「47歳という、オッサンの真髄を迎えた富澤に一言。もっと笑えよっ!若々しくせぃ!未来を考えると……今、この瞬間が一番若いんだかんなっ!」と発破をかけつつ、「明日は今日よりも老けるんだから」と呼びかけた。

 富澤も「47歳」と題した自身のブログで、「気付けば47歳の誕生日を迎えていました。コメントをくださった皆さん、各番組の皆さん、ありがとうございます!」と感謝のコメント。「頭も体もどんどん朽ちていきますが、ますます老いていく面白さを出せていきたいと思います!」と決意をつづっていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月1日のニュース