渡辺美優紀 先月末での所属事務所退所を報告「自分で自分の人生に責任を持ちたい」

[ 2021年5月1日 09:03 ]

渡辺美優紀
Photo By スポニチ

 元NMB48の渡辺美優紀(27)が1日、自身のブログを更新。4月まで所属事務所roundcellを退所したことを報告。今後も芸能活動は継続する。

 渡辺は「いつも応援してくださる皆様へ」として「4月30日をもって3年間お世話になりました会社と、マネジメント契約を合意解約いたしました」と発表した。

 続けて「デビューしてから10年以上経ち、世の中の動きも変わっていく中で、残りの人生を自分らしく楽しく過ごすには自分で自分の人生に責任を持ちたいと思い、そのような環境を作っていくために前々から会社と協議を重ねてきました」としたうえで「新たな道へ背中を押してくれた皆様に感謝でいっぱいです」とつづった。

 「そしてこれまで芸能生活の中で、大きな決断をするときは何よりもファンの皆様の存在が私の背中を押してくれて、新しい一歩を踏み出すことができています。これまで以上に応援して下さる皆さまと一丸となれるような環境作りに努めたいと思っております」とした。

 「このようなご報告になりましたが、これからも周りの方々のお力を借りながらではありますが、楽しい時間をお届けできるといいなと思っています。そして関わって下さる皆様にとっても幸せを届けられる人になりたいです。また、今後、一緒にお仕事をする仲間も作っていけたら良いなと考えてます」としたうえで「最後になりましたが、応援してくださる皆さまにとって変わらぬ存在であり続け、そしてより一層、皆様の笑顔が見れるような活動をし続けていきたいと思っておりますので、今後とも応援のほどよろしくお願いします」と締めくくった。

 渡辺は2010年にNMB48の初期メンバーオーディションに合格。翌1月に1期性としてデビュー。AKB48との兼務などを経て、2016年8月にグループを卒業。2018年に芸能活動を再開した。2018年からroundcellに所属していた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月1日のニュース