テレ朝下平さやかアナ 「朝まで生テレビ!」6代目女性司会者に「光栄です」

[ 2021年5月1日 10:22 ]

テレビ朝日の下平さやかアナ
Photo By スポニチ

 テレビ朝日の下平さやかアナウンサー(48)が4月30日深夜放送の同局「朝まで生テレビ!」(毎月最終金曜深夜1・25)生出演。番組6代目の女性司会者として番組に初登場し、「とても楽しみです」と意気込みを語った。

 この日の放送から番組は1987年のスタートから35年目に突入。渡辺宜嗣キャスター(66)から「新しいメンバーが番組に加わってくれました」と紹介された下平アナは「よく新人アナウンサーが学生の頃から見ていた番組に参加できて幸せですと言うのですが、入社して四半世紀になります、私もまったく同じ気持ちです」と心境を明かした。

 続けて「『朝まで生テレビ!』の重みを噛み締めながら、35年目の新しいページを視聴者の皆さまと出演者の皆さまと刻んでいくのがとても楽しみです。どうぞよろしくお願い致します」とあいさつした。

 女性司会者は初代の田丸美寿々キャスター(68)から数えて下平アナで6代目となる。このことに、下平アナは「光栄です」と気を引き締めた。

 3月27日の同番組で、5代目司会を務めた同局元アナウンサーで政治部記者の村上祐子氏(42)の番組卒業が発表された。村上氏は「10年間お世話になりまして、うち5年間は政治部記者として現場取材も経験させていただきましたので、非常に刺激的で有機的な時間を過ごすことができました。本当に皆さん、今までありがとうございました。田原さん、ありがとうございました」とあいさつし、頭を下げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「嵐」特集記事

2021年5月1日のニュース